Parisienne Walkways/Gary Moore

今回紹介するのは、至極の名曲! Parisienne Walkways(邦題:パリの散歩道)です。

ゲイリー・ムーアといえば、2011年に帰らぬ人となってしまいましたが、私が大好きなギタリストの一人です。

彼の作品は、名曲が数多くあるのですが、特にこの曲は彼の真骨頂といいますか、泣きまくりのギターがしみわたるバラードの名曲中の名曲!

晩年は、ブルースに傾倒していったゲイリーですが、私にとっては、

これぞゲイリームーア! な 一曲です。

ホント、いつ聴いてもため息が出そうになります。

この曲、ギターをうまくコピーしたとしても、このトーン、ニュアンス、そして間というかこのタメは、ゲイリーでしか出せない音なんじゃないかなと思うのであります。

1984年の来日コンサートで、この曲を生で聴けたことが私の財産です。

ゲイリー・ムーア 1984年チケット


オリジナルは、シン・リジィ在籍時にソロ名義で1978年にリリースしたアルバム「Back On The Streets」に収録されていますが、このアルバムでは、シン・リジィのフィル・ライノットがボーカルを務めています。

ライブアルバム「Live At The Marquee」など後のライブでは、インストゥルメンタルのみで演奏してることもありますし、自信が歌っていることもあったり・・・

これがまた、毎回違う表情を見せてくれるのでいい!



そして、この「パリの散歩道」、ソチオリンピック出場中のフィギュアスケート男子、羽生結弦選手がショートプログラムでこの曲を使用して注目を浴びています。

なんと着うたの配信チャートで1位を記録したとか。

そら名曲やもんなぁ~ このフレーズが耳に飛び込んで来たら気になるのもわかるし。


Phil Lynott Vo. Version


Gary Moore Vo. Version



 


にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ  
↑ブログランキングに参加しています。 もしよろしかったらクリックお願いします。